美容師の主な仕事

髪のプロ

美容師は、ズバリ髪のプロです。
美容師は、美容学校で髪について詳しく学び、シャンプーの仕方や、カット、パーマ、セット、カラーなどを専門的に勉強をして、美容師の国家試験に合格した人たちです。

美容師が活躍するところは、主に美容室ですが、最近は美容室に限らず、スタイリストとしてファッションショーでモデルの髪をセットしたり、テレビ局、雑誌、映画などの撮影のために俳優などの髪をセットする人もいます。
また、結婚式場の専属美容師になって、花嫁の着付けや髪結い、ウェディングドレスのためのヘアセットなどを行う人もいます。

しかし、一般的に美容師は美容学校を卒業したら、美容室にしばらく勤めて、働きながらキャリアを積んでいきます。
いきなりスタイリストとして働ける人はほとんど無く、最初は見習い、アシスタントからスタートします。

具体的にはどのようなことをするのか

見習い、アシスタントは、美容室の掃除や、電話応対など、美容室の雑務をこなしながら、スタイリストの手伝いをすることが仕事です。
具体的にいうと、シャンプーやシャンプーブロー、そしてスタイリストがお客さんの髪をカットしたり、パーマをかける時に道具を手渡すなどの手伝いです。

アシスタントとして働きながら技術を磨くと、スタイリストに昇格できます。
スタイリストは、実際にお客さんの髪をカットしたり、パーマをかけたり、カラー、セットなどを行う美容室のメインスタッフになります。

他にも、顧客管理や材料の管理、見習い・アシスタントの教育などもスタイリストの仕事で、最近の技術やトレンドなヘアスタイルをお客さんに提供するために講習会や研修に出席して、勉強もしなければなりません。
スタイリストとして、技術が高くなれば、それだけ人気が高まって固定客も増えるので、常に技術を磨く必要があります。

自分のお店も持てる

スタイリストとして働いて、大手の美容室では店長やエリアマネージャーなどに昇格し、店舗の管理や経営に関わる仕事をしたり、さらに昇格して役員になる人もいますが、多くの美容師はある程度の経験を積んだら、独立して自分の美容室を開業しています。

しかし、美容室を開業するには、多額の資金が必要になりますので、美容師としての技術が高いだけでは開業することはできません。
金融機関に交渉して資金を調達したり、それを返済しながら利益も出さなければならないので、経営のノウハウをマスターすることも必要になってきます。

美容室を開業すると、スタッフを雇わなければなりませんし、お客さんも増やさなければなりませんので、美容室を上手に経営するには、コミュニケーション能力も必要となってくるでしょう。
さらに、技術を磨くことも行わなければならないので、美容師の仕事は多忙と言えます。