美容師の一日

美容師の一日とは

美容師の一日はどのような感じで仕事に入っているのでしょうか。
基本、チェーン店などのお店は10時から19時くらいまでの営業になっています。
その中で美容師の活動はその前後も含めてかなりの時間があります。

10時開店となると、だいたい30分前くらいに店に入る事が多いです。
掃除、開店準備、そしてミーティングをして、今日一日の流れを共有します。
予約状況やお店の状況(売り上げ目標や実際の売り上げ)報告もここでされるお店もあります。

中にはラジオ体操やらダンスを実施している店舗もあります。
元気で一日が始まるっていいですよね。
その後、営業開始をして、閉店時間まで仕事にあけくれる場合もあります。

1時間ほどのお昼休みがあるお店もありますが、中には忙しい人だと、ご飯を食べることだけでなく、トイレに行く時間もないという人もいます。
中には一週間お昼休憩がなかったという人もいるくらいです。
特に、混んでいる、新年度、新学期前、年末年始、成人式等のシーズンでは、トイレにもいけないので、水分もとらずにがんばってしまっている美容師もいたようです。
ここ最近は、色々と厳しくなっているので、大手の場合であれば、1時間休憩に、トイレも可能な所も増えてきました。

割と混雑しない美容院であれば、ゆっくりと仕事に取組める所もあります。
今では、カット専用の椅子があって、座ってカットする所も増えてきました。
そういうのがなければ、ずっと立ってカットする所もまだまだ多いようですが。

閉店間際まで割とお客さんがいる美容院が多いです。
仕事帰りなどに寄られる人が多いのもあると思います。

閉店後は自分を高める時間に

閉店後には、カットの練習をする美容師は多々います。
アシスタントの子は毎日カットの練習に残ります。
美容師であっても、週に何回かは、カット練習をするという人もいます。
練習時間は人によりますが、1時間から3時間くらいです。

それだけ腕をなまらせない、つねに技術を磨く、というのは大切な事なのです。
積極的に勉強する美容院では、お店のスタッフ全員で取り組む所もあります。
その後、家に帰ると日付が変わっているという人も少なくないです。

特にアシスタント時代には、開店よりもっと早くお店に入り、さらに閉店後の練習や片付けで、遅くなる人も多いです。
アシスタントを卒業しても、店の関係で運営の側に回ったり、教育係になったりと遅くなる事は多いようです。
人気の美容師になればなるほど、もっとハードにこなす事も多く、華やかに見える世界ですが、アシスタントを卒業して、美容師としてお店に立っていても、裏ではかなり地道な努力をしている事がわかります。
家に帰ると、そのまま寝てしまっている美容師も多いかもしれません。