美容師の勤務状況

自分の練習時間をはじめ、残業があることも

美容師はけして楽な仕事ではありません。
華やかな職業のため楽し気なイメージを持たれがちですが、普通のサラリーマンや接客業と比べても労働時間はほとんど変わらないか、勉強熱心な人であれば長いこともあります。

また、店舗によっては人手不足などで残業が発生することもあります。
開店準備から開店してからの片づけ、それからのミーティング、練習と、早朝から夜まで美容院にいるという美容師もいます。

労働基準法では1日8時間、週40時間と定められています。
美容師も同様で、基本的には休憩を除いて8時間の勤務時間になっていますが、開店前と閉店後は準備・片付けがあるので、労働時間が8時間を超えることも多く、美容師を目指すのであればそれは覚悟しなければなりません。
加えて、接客業であるため来店するお客さんの状況によっては休憩がずれこんだり、時間が短くなってしまうこともあります。

とはいえ閉店後はお客様の来店も途絶え、ミーティングや会計などの事務を終えたら終了となります。
そのため、ふつうの企業のように仕事に追われてやむなく深夜まで残業するといった事態になることはほとんどないでしょう。
22時以降の所得労働時間につく時間帯に働いている美容室は少ないです。

また週休2日を絶対に確保したいという人にとっては、美容師の仕事はつらいかもしれません。
シフトによっては休日が週1日になることもありますし、基本的に接客業で土日は稼ぎ時なので、自由に休みをとるのは難しいでしょう。

人気の忙しい美容室で働く意味

美容師の労働時間の長さが問題視されたこともありましたが、最近では労働時間を考え、また規制もできつつあるので、労働時間を一般的な企業と同じようにしている美容室も増えてきました。
とはいえ人気の美容室や美容師になってくると、対応に追われて雑務が後回しになり、夜まで残る必要が出てくる場合もあるでしょう。

人気の美容師になれば、指名も増えてきますし、そうすると休む時間もありません。
人気が増えれば売り上げが増えますし、なかなか拘束時間を減らす事に踏み切れないのかもしれません。

人気店に働いていたという実績がほしくて、がんばって働いている人もいます。
その経験は次の店に行く時の糧になります。
独立する人も、そういった意味で、修行の場として勤務時間の厳しい人気店にわざわざ働いている人もいます。

勤務時間が終ってからの練習は勤務時間に入る美容室とそうでない所があります。
入ってみないと分からないわけではなく、ちゃんと説明のある美容室もあるので、入る前に条件をチェックしておく必要があります。

たとえ勤務時間が長めであってもこのお店で働きたい!という希望があれば、やりがいもありますし、時間やお金じゃない目的の働き方もあるでしょう。
労働時間や勤務状況は店舗によってさまざまなので、自分の夢をかなえスキルアップをするために忙しい人気店へ行くか、ゆっくり接客ができる小さなお店で働くかはよく考えて決めましょう。