美容師の給料

どれくらい稼げる?

美容師という職業に憧れている人は多いと思いますが、どれくらいの給料が貰えるのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。
美容師は、見習いやアシスタントとして仕事をスタートさせる人がほとんどですので、美容師になりたての人は、あまり高い給料は望めないようです。

美容師の見習いやアシスタントの給料は10万円程度というところがほとんど。
大手の美容室で初任給が17万円というところもありますが、そのようなところは本当に稀です。

このように、美容師の初任給は決して高くはありませんが、勤続年数を重ねるごとに昇給はしていきます。
アシスタントを卒業して、スタイリストとして働けるようになると、給料も20万円前後と増え、さらに美容室によっては、売上げに応じて手当てがつきますので、かなりの高給を手にする人もいます。

しかし、厚生労働省の調べによると、平成25年度の美容師の平均年収は280万円となっていて、月収に換算にすると約23万円なのであまり高いとはいえない給料です。
にもかかわらず、忙しい美容室が多く、あまり休みが取れず有給も消化できていなかったり、個人で経営する美容室が多いので、福利厚生も整っていないところがほとんどです。

美容師という職業は、見た目は華やかですが、金銭的に見ると、その現状はかなり厳しいものです。
収入が少なくて美容師の仕事を辞めてしまう人も少なくありません。

やり方次第で高収入に

美容師の平均年収は決して高くはありません。
しかし、中には年収1,000万円を超える収入を手にしている人もいます。

スタイリストとして働けるようになると、技術の高くてセンスが良い人だと、人気が出て多くの顧客が付くようになります。
人気のスタイリストになると、それだけ売上げも高額になりますので、手取りの給料も高くなります。

ですから、頑張って技術を磨き、最新のヘアスタイルを素早く取り入れるなどの努力をすれば、その分、収入も増えるということですから、美容師の収入は努力次第と言えます。
カリスマ美容師、トップスタイリストなどと呼ばれるようになると、月間の売上げも300万円を超え、かなりの高収入が見込めます。

全てのスタイリストがカリスマ美容師になれるわけではありませんが、一般的なスタイリストでも、人気が出れば、800万円程度の年収は得られます。
また、スタイリストとしての技術を磨き、有る程度の顧客を持っている人は、独立して自分で美容室を構えることも可能で、その美容室が流行れば、さらに高い収入を得ることができます。

中には、美容室を全国展開して、株式に上場させている人もいるほど、美容室の経営はやり方次第で高収入に繋がります。
ただし、そこまで美容室を大きくするには、美容師としての技術だけではなく、経営に関するノウハウなどの知識も必要になります。