美容師のやりがい

美容師のやりがいについて

美容師になりたいと夢見た日から比べると、実際にやってみることで大変さはあります。
時に辞めたいと思うことも少なくありません。中には手に職をつけたいという理由で美容師になった人もいます。
そうなると、現実を見た時に、やめたい、しんどいと思って辞めてしまう人もいます。

しかし、美容師が続けられる理由として、2つあげられると思います。
それは、技術面での向上の過程にあります。

美容師は、必ず勉強会に行って、今の流行りの髪型や技術を学びます。そういう自分の腕をレベルアップさせるということで、すごくやりがいを感じます。
新しい事を取得し続けるということは、自分の中に可能性を感じます。
流行りの世界なので、理解できない事もあったりするのですが、それでも進歩する技術に関心します。
ものを作るのと同じ感覚だと思いますが、色、パーマ、カット、すべてに置いて、芸術性の高いものだと感じることもあります。
そういう意味で、専門的な技術者でいられることは、手に職をもつという喜びを感じることができるのも、美容師ならではです。

人に喜んでもらえる

しかしその美容師の楽しさ、やりがいは、「人に喜んでもらえる」という所だと思います。
髪型を変えるだけで、人は気持ちが変わってきます。特になりたい髪型にセットアップされると、お客さんの顔は見違えるように明るくなります。
納得してくれているのだ、喜んでくれているのだ、ということが、目に見えて分かるのが嬉しいものです。

もちろん、自分の腕を磨く、施術をあげることは、手に職をつけている人間としては、当たり前のことですし、自分がしたいと思う髪型にできる技術がある方がより、仕事として成立します。
しかし、流行があるファッションの一部としての髪型と考えると、色々な髪型に対応できる美容師でありたいと思い始めると、疲れやしんどさは吹き飛びますし、なによりもやりがいを感じる瞬間です。
たちっぱなしや、美容室仲間の関係、チェーン店であれば、規則など、色々としんどさや不便を感じることも少なくありませんが、そういう人が喜んでいる姿を見られること、人が輝く姿を自分の施術で見られることは、この職業の醍醐味でしょう。

そういうお客様のニーズや対応には、レベルアップが必要になってきますが、お客様への対応ややりとりは、美容師が携わることで得られる楽しみの一つです。
施術中にも、お客様の家族構成や悩み、また旅行先のお土産話など、たくさんの話をする事があります。
1対1のやりとりが多いですが、人としてのお付き合いができるのは嬉しい事です。
そういう意味で、美容師は技術者であり、接客業であることが、他の職業にない、最大のメリットでしょう。