無愛想なお客さん

返事くらいして欲しい

美容師は、毎日多くの人と接する仕事です。
髪をいじることが仕事ですが、それだけやっていれば良いのかというと、そうもいきません。

美容師は黙りこくって仕事をするのではなく、お客さんに話しかけて、リラックスしてもらうことも大切な仕事の1つです。
美容師はコミュニケーション能力も必要不可欠な職業なのです。

大抵のお客さんは、美容師の話しかけに答えてくれ、和やかな雰囲気の中で髪をカットしたりすることができます。
美容師は、髪をいじりながらお客さんに話しかけることで、髪に関する様々なカウンセリングも行っていきますので、和やかな雰囲気だと、カウンセリングもとてもやりやすくなります。

お客さんの方も髪の気になっていた事を美容師に聞くことができて良かったと言ってくれるものです。
美容師とお客さんの信頼関係は、このような会話をする中で生まれてきますので、美容師は積極的にお客さんに話しかけることが大切です。

しかし、中には、話しかけても無反応なお客さんもいます。
話しかけないでくれと言わんばかりに、鏡越しに睨みつけてくるお客さんもいるほどです。

何を話しかけても頷くことさえしてくれない。
こんなお客さんが来ると、美容師は本当に困ってしまうそうです。

お金を払っているのだから、客なのだからと、お客さんは考えているのでしょう。
美容師にどうして愛想をふりまかなければいけないの?最近はそのような人が増えているようです。

話しをしてくれないお客さんには

話しをしてくれないお客さんは、近年増えつつあるようですから、美容師も困ると言ってはいられません。
話しをしてくれないのだから、こちらも無愛想にしていれば良いというわけではなく、そのようなお客さんが来店しても、きちんと対応することが大切です。

しかし、むやみにペチャクチャと話しかけるのも良くありません。
無愛想なお客さんは、確かに、あまり美容師と話しをしたくないのかもしれませんので、最初は必要なことだけ聞くようにして、お客さんの様子を伺うようにしましょう。

そして、お客さんが無愛想だからといって、自分も無愛想な顔をするのではなく、笑顔は絶やさないようにしましょう。
いつも笑顔でお客さんと接するということは、美容師の基本です。

笑顔でいれば、無愛想なお客さんでも心を解かしてくれるかもしれません。
基本を忘れずに頑張りましょう。

カリスマ美容師や、トップスタイリストと呼ばれる人たちは、美容師としての技術が高いのはもちろんですが、それだけではなく、いつも笑顔を絶やさない人柄の良さが、多くのお客さんを惹きつけて止まないのです。
美容師として成功したいなら、自分の内側を磨くことも大切。 

そのためにも笑顔は絶やしてはいけません。
その事を忘れないようにしましょう。