こだわりが強すぎるお客さん

お洒落なのは良いけれど・・・

美容室には色々なお客さんがやって来ます。
美容師は、どんなお客さんでも笑顔で対応しなければなりません。

しかし、中には美容師泣かせのお客さんもいて、さすがに参ってしまうこともあるそうです。
これから美容師を目指す人にとっては、どのようなお客さんが美容師泣かせなのか、気になるところでしょう。

そこで、どんなお客さんが美容師泣かせなのか、現役の美容師に実際に聞いてみました。
対応に困ってしまうお客さんは、美容師によって異なりますが、一番多かったのは、「ヘアスタイルにこだわりが強すぎるお客さん」なのだそうです。

ヘアスタイルにこだわりを強く持っている人は、こんなヘアスタイルにしたいという希望を明確に持っていて、その希望を1歩も譲ろうとしない人が多いそうです。
人によって髪質は異なり、ケアの状態によっては髪が痛んでしまっている人もいますので、出来るヘアスタイルと出来ないヘアスタイルがあるのですが、それを説明しても理解してくれないそうです。

例えば、癖毛の人がストレートヘアに矯正してから、「こんな風にパーマをかけて」と雑誌などの切り抜きを見せる人、また、ひどい癖毛で髪の量も多いのに、ショートボブにしたいと言う人などです。
美容師はマジシャンではないのですから、髪質を変えることなんてできませんし、どんなヘアスタイルにでもしてくれると思ったら大間違いなのです。

たとえ希望通りのヘアスタイルになれたとしても、自分でセットができなかったり、どうしても広がってしまったりして思い通りにならず、後で困るのは自分自身。
説明したのに無理やり希望のヘアスタイルにさせて、結局は「出来ないって説明してくれれば、このヘアスタイルにはしなかったのに」とクレームを言いに来るのも、大抵はヘアスタイルに強くこだわって譲らないお客さんなのだそうです。

こんなお客さんには、どんなベテランの美容師でも困ってしまうとか。
これから美容師になろうと思っている人は、先輩美容師がどのように対応しているのか、よく見て勉強をしておくと良いでしょう。

無理な注文が来たら

自分の髪なのだから、どんな髪なのかよく分かっていると思っている人が多いようですが、美容師は髪のプロです。
お客さん以上にその人の髪のことを理解しなければなりません。

ヘアスタイルにこだわって、お洒落にキメたいお客さんの気持ちも理解しつつ、出来ないものは出来ないということを、理由を述べてはっきり告げるべきです。
そして、その人の髪質に合ったヘアスタイルを紹介したりして、親身に相談に乗ってあげましょう。

それでもこだわりを貫こうとするお客さんには、予め、後の事は責任は負えないということをはっきり告げたうえで、希望のヘアスタイルにしてあげるという先輩美容師が多いようです。