ノープランなお客さん

お任せのお客さん

美容師はお客さんがいなければ仕事になりません。
髪をカットしたりすることが仕事ではありますが、接客も大事な仕事の1つです。
どんなお客さんが来ても、最高のサービスを提供しなければなりません。

しかし、美容師の本音を聞くと、困り果てるお客さんも多く、接客はなかなか難しいようです。
どのようなお客さんに美容師は困っているのでしょうか。

美容室には様々なお客さんが来ますが、多くの美容師がこれまで困ったと経験したお客さんは、ノープランなお客さんです。
ノープランのお客さんとは、どんなヘアスタイルにするか決めてこない人のことで、中には美容師に全てお任せという人もいるようです。

任せると言われても、常連のお客さんならともかく、初めてのお客さんは好みも何も分かりませんので、美容師がヘアスタイルを決めるなんて無理な話しです。
このようなお客さんは意外と多く、美容師はその度に困りはててしまいます。

ヘアスタイルは、人それぞれに顔があるように、その人の個性を表す大切なポイントです。
なのに、美容師に任せる無頓着な人がいるとは驚きです。

しかし、このようなお客さんが多い以上、美容師は何とかその要望に応えなければなりません。
これから美容師になろうと思っている人は、先輩美容師がどのような対応をしているのか、良く見て参考にするようにしましょう。

お客さんに勧めるヘアスタイル

ノープランのお客さんが来て、どのようなヘアスタイルにするか任された場合、どのようにしてヘアスタイルを決めれば良いのでしょうか?
どんなヘアスタイルでも良いと言われても、せっかく美容室に来て頂いたのですから、変なヘアスタイルにするわけにはいきません。

もし、来店したお客さんが、ノープランの場合は、まずは、そのお客さんの髪質や生え方などをよくチェックすることが大切です。
そして、その髪質に合ったヘアスタイルを選ぶようにしなければなりません。

口で説明するのは難しいので、ヘアカタログなどで良さそうなヘアスタイルを幾つか選んで、お客さんに見せ、その中から選んでもらうようにすると良いでしょう。
いくら、どんなヘアスタイルでも良いと言っていても、そのお客さんにも好みはあると思いますので、確認せずにヘアスタイルを決めることは絶対にしてはいけません。

先輩美容師によると、ノープランのお客さんほど「こんなヘアスタイルにされてしまった」とクレームを言って来る人が多いそうです。
どんなヘアスタイルにするかお任せすると言ってはいますが、それは、素敵なヘアスタイルにしてくれるだろうと、美容師に期待をしているからだと思われます。

その期待を裏切れたために、「高いお金を払ったのに、こんなヘアスタイルにされてしまった」ということになるのでしょう。
ノープランのお客さんの対応は慎重に行うようにしましょう。